横浜
動物園だより
2022.07.04

【よこはま動物園ズーラシアだより】虫が大好きで特技は穴掘り! 群れで暮らす社会性に富んだ動物、ミーアキャットを紹介!!

目次 [非表示]

ミーアキャット

学名:Suricata suricatta
生息地:アフリカ南部の半砂漠地帯
哺乳綱食肉目 マングース科

ミーアキャットはアフリカ南部の半砂漠地帯に暮らす動物です。そのため、ズーラシアの展示場にも砂をしいています。

群れで暮らします

ミーアキャットは群れで暮らす動物で、一般的には10頭から多くて30頭ほどの群れを作ります。ミーアキャットは非常に社会性があり、子育ても群れ全体で行います。現在、ズーラシアには2つのグループがあり、計18頭(2022年5月現在)のミーアキャットが暮らしています。

ミーアキャットには約20〜30種類の鳴き声があるといわれており、仲間とのコミュニケーションのため、日々さまざまな声で絶え間なく鳴いています。他にも、天敵からの防御のための見張り、巣穴をほる、日光浴、寄りそい、小競り合いなど、さまざまな行動が観察されています。

ときにはケンカをすることも…

好きな食べ物は虫、 特技は穴掘り!

ミーアキャットは半砂漠地帯に暮らす動物です。砂漠は朝晩の寒暖差が激しく、ミーアキャットは巣穴をほり、その巣穴で暑さや寒さをしのぎながら暮らしています。ミーアキャットが穴をほるのは、生きていく上で絶対的に必要な能力です。ズーラシアでも、穴ほりをする姿が観察できるので、ぜひチェックしてみてください。

また、野生ではサソリやトカゲ、シロアリなどの昆虫を主食にしています。野生でのえさを完全に再現することは難しいですが、なるべく野生の状態に近づけるために、ズーラシアでも鶏肉や野菜以外に時々生きている虫をあたえています。

特技は穴ほりです!

ズーラシアニュース

海のいきものSOS展

ズーラシアで暮らすホッキョクグマやペンギン、ウミネコなど海の生き物たちの生態や野生での現状、マイクロプラスチック問題などについてのパネル展を行います。私たちが動物のためにできることをいっしょに考えていきましょう! 開催は8月29日(月)まで、園内のホッキョクグマ水中ビューで開催しています。


写真提供:よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】 
〒241-0001 横浜市旭区上白根町1175-1
TEL 045-959-1000
https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3