横浜
レッツトライエコライフ
2022.07.04

【レッツトライエコライフ vol.37】南区永田台小学校 校長 松本 久美子 先生

目次 [非表示]

給食調理で出る生ごみをコンポストに入れ、土と水を加えて混ぜ、肥料を作っています。地域の方が組織するグリーンクラブと環境委員会の児童が、その肥料を校内の畑の土に混ぜ、栄養たっぷりの土にして野菜を育てています。

できた野菜は給食の材料にもしています。まさに地産地消! 食材をむだにせず、エコにも役立っています。

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3