北海道
特集
2022.12.12

【エコチル特集】ゼロカーボン北海道の実現に向けて― 脱炭素型ライフスタイルへの転換 その④ ―

目次 [非表示]

2050年までに道内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボン北海道」。それを実現するために、私たちはどのようなことをすればいいのでしょうか。今回は、冬の省エネの取り組みについて見てみましょう。

私たちの暮らしから脱炭素社会の実現を

2050年までに道内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボン北海道」。実現には、CO₂排出量を減らすことが必要です。  寒くなると、暖房などたくさんのエネルギーを使っています。こうした私たちの暮らしの中で、電気やガス、ガソリンなどを使うときに、省エネを心がけることがCO₂の排出を減らすことにつながります。

むだを無くして省エネしましょう!

毎日の暮らしの中にも、無理なくできる省エネはあります。 例えば、寒さを感じたときはまず着る物を工夫してみませんか。服を1枚多く着ると、体感温度は2℃上がります。 表1では、「環境忍者えこ之助」が、Save=節約、Select=選択、Shift=転換の「3つのS」をキーワードに冬の省エネポイントを紹介しています。ぜひ、みなさんもいっしょに省エネに取り組んでみましょう。

※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」、経済産業省北海道経済産業局「実践!おうちで省エネ」、(一社)家電製品協会「省エネ家電deスマートライフ」をもとに作成。節約効果は、近年の北海道における電気・ガス・灯油・ガソリンの平均的な単価を考慮し、算出しています。各効果の値は条件によって変わるため、参考値としてご覧ください。

「ゼロカーボン北海道チャレンジプロジェクト」
~【住】家電の買い換え時に省エネ家電を選ぼう~

おうちから出るCO₂の約半分が、電気を使うことによって排出されるよ。最新の家電製品は、以前の物に比べて省エネ性能が進んでいるので、CO₂の排出量を減らすことができるんだ。さらに、電気代がおトクになることも。家電を買い換えるときは、省エネラベルも参考に、省エネ製品を選んでみてね。

この他にも、ホームページで脱炭素型ライフスタイルへの転換につながる取り組みを紹介しています。

>>>ホームページはこちらから

 

\おうちの人といっしょに読んでね!/
【北海道×ほくでん】タイアップ事業
グリーンライフプロジェクト
~あったかエアコンへの転換~

エアコンの買い換え・購入は今がおトクです

対象期間 10/1[土]▶︎▶︎▶︎ 12/31[土]

夏だけじゃなく、真冬の北海道でも暖房機能が使える寒冷地仕様の「あったかエアコン」は、省エネ性能が高く、CO₂削減にもつながります。 今なら、おトクなキャンペーンを実施中。暖房として、来年の夏に向けて、エアコンの買い換え・購入は、「あったかエアコン」がおススメです。

【応募対象】
期間中に対象の家庭用エアコンを購入し、既築住宅に設置される方

【対象機器】
対象メーカーの寒冷地仕様エアコン(外気温-25℃でもメーカーが動作を保証するものに限る)

【 特典内容】
❶抽選で合計30名様に「省エネ家電」を進呈
❷アンケート回答でもれなく「QUOカードPay500円分」進呈

主催:北海道、北海道電力㈱ 協力:スマート電化普及協議会
(※)参加社名:㈱コロナ、ダイキンHVAC ソリューション北海道㈱、㈱長府製作所、東芝キヤリア㈱、 パナソニック㈱エレクトリックワークス社、日立グローバルライフソリューションズ㈱、三菱電機住環境システムズ㈱

【お問合せ】
北海道環境生活部ゼロカーボン推進局 ゼロカーボン戦略課 TEL.011-204-5334

>>> くわしくはこちらから


監修:北海道環境生活部 ゼロカーボン推進局ゼロカーボン戦略課

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3