札幌
食育特集
2022.05.09

【食育特集】熱中症を予防しよう~暑さ対策はお早めに!~

目次 [非表示]

昨年の夏はとても暑い日が多かったね。熱中症にかからないよう、今から夏に向けて暑さに負けない体づくりをしていこう。

暑さに負けない体づくり

5月に入ると、段々と暑い日が増えてくるね。季節の変わり目は体の変化が起きやすく、急な気温差は、体にかかる負担が大きいので、毎日の体調管理はとても大切。生活習慣を整えて、夏本番になる前に暑さに負けない元気な体をつくろう。

人の体温は、通常約36~37℃。運動や暑さなどで体温が上がると、皮ふに近い血管は血液の流れや量を増やして、皮ふの表面から外へ熱を出すんだ。また、あせをかいて体から水分を出すことで、体温を正常に保っているよ。

どうして熱中症になるの?

熱中症は気温や湿度が高いときに、皮ふから熱やあせがうまく出ていかずに、体に熱がこもってしまう状態。脳や体の臓器は、体温が高くなると動きが悪くなるんだ。また、あせで減った水分をうまく補給できないと、血液の量が減って十分に臓器へいきわたらないため、さらに働きが悪くなってしまうよ。

図1のように、私たちは飲むことからだけでなく、食事からも水分を取っている。食ベ物には水分がふくまれ、料理するときも水を使うよね。1日3食のバランスの良い食事から、水分や栄養素をしっかり取ることが大切だよ。

[図1]体はこんなふうに水分をやりくりしているよ

☆体を動かすときは、水分を補給しよう。
一度に取るよりも、こまめに取るのがポイント!

あせをかこう!
暑さに負けない体づくりのポイント

暑さに負けないためには、あせをかける体づくりが大切だよ。

  • 毎日、ウォーキングや軽い運動で体を動かしあせをかく
  • 水分はこまめに取る(のどがかわいていなくても)
  • シャワーではなく、お風呂に入ってあせをかく(40~41℃のぬるめの湯船に10分くらいつかる)
  • ご飯やおかずをそろえて、3食バランスの良い食事をする(毎食野菜を食べよう!)
  • しっかりねて、つかれをためない習慣をつける

 

 

参考資料:「健康のため水を飲もう」推進委員会

 


 

大福くんについてくわしくはWEBをみてね! >>>  大福くん

※大福くんは、ソニー・ミュージックエンタテインメントと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが展開するキャラクターです。

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3