湘南
その他
2022.05.02

”かっぴー”の愛称で親しまれたカピバラが、ふれあい動物園でお披露目中!”かっぴー”の新しい名前を5月8日(日)まで募集しているよ!

目次 [非表示]

2019年に保護され、平塚市が飼育していたカピバラが4月10日、平塚市総合公園のふれあい動物園で公開されました。

カピバラは体長約1m、推定4〜5才のオスです。もともと藤沢市の個人宅でペットとして飼育されていましたが、にげ出して約半年間にわたり西へ放浪。たびたび各地で目撃され、いつしか「かっぴー」と呼ばれるようになっていました。2019年末に大磯町で保護されると、翌年1月に同園へ。

当初は人に対する警戒心がかなり強かったそうですが、徐々に人になれておだやかになってきたことから今回の公開が決まりました。同園ではカピバラのために管理事務所横の約30㎡をフェンスで囲い、小屋や給湯設備、温浴施設を完備した専用展示コーナーを開設。

公開初日には除幕式も行われ、公開を待ちわびた多くの家族づれが携帯電話のカメラ片手に見物するなか、カピバラはさっそく浴槽につかるなどして新居を満喫していました。

平塚市総合公園課では公開に合わせ、より市民に親しんでもらおうと新しい名前を募集しています。同園管理事務所横のポストか、市のホームページから同課宛のメールで5月8日(日)まで受け付けています。


総合公園管理事務所 
TEL:0463-35-2233

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3