北海道
その他
2023.01.20

【北ガスグループ×エコチル】くらしを支えるエネルギーLNG液化天然ガス

目次 [非表示]

みんなは「LNG」という言葉を聞いたことはあるかな? LNG(液化天然ガス)や石狩LNG基地のことを、いっしょに学ぼう!

LNGは天然ガスを冷やして液体にしたもの!

LNGは、「液化天然ガス」といって、気体の天然ガスを-162℃まで冷やして液体にしたものだよ。天然ガスをLNGにすると、気体の状態と比べて体積が600分の1になるんだ。だから、大きな船に乗せて、世界各地から一度にたくさんの量を運ぶことができるんだよ。

天然ガスは、石油や石炭に比べて、燃やしたときに出る二酸化炭素の量が少ないから、地球温暖化防止に役立つエネルギーとして注目されているよ!

冷やす(-162℃)▶︎体積は 1/600

二酸化炭素が出る量

「石狩LNG基地」は北海道の大切なエネルギー供給拠点

海外からLNGタンカー(外航船)がやって来る!

石狩LNG基地は、北海道で唯一、海外からLNGを受け入れている基地なんだ。外国から運ばれて来たLNGは、基地の中にある大きなタンクに貯められるよ。石狩LNG基地は、2022年11月で、運転開始から10周年をむかえたんだ。その10年の間、24時間365日休まずに北海道のいろいろな所にエネルギーを送り続けてきたよ。

内航船やLNGローリー車で遠く離れたまちへ

道内の遠く離れたまちには、LNGのまま内航船やLNGローリー車で運んでいるよ。そして、それぞれのまちで都市ガスとして生まれ変わるんだ。

ガス管で道央エリアへ

北海道の中央のエリアには、地面の中にうまったガス管でガスを届けているよ。例えば、札幌市にうまっているガス管の長さは約3,000km。それは日本列島の南北の長さと同じくらいなんだ!

>>>石狩LNG基地についてくわしくはこちらから

LNGローリー車は「走るガス管」

LNGローリー車の全長は、最大で16.5m! 石狩LNG基地にある出荷場で、約1時間半かけてLNGの積みこみを行うよ。一度に積みこむ量は、最大で15.7t。約730軒の一般家庭が1カ月に使用するガスの量だよ。ガスがたくさん必要になる冬には、1日で50台以上ものLNGローリー車がひっきりなしに出荷場にやって来るんだよ。

 

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3