長野
レッツトライエコライフ
2022.12.12

【レッツトライエコライフ vol.16】長和町立長門小学校 校長 宮島 哲也 先生

目次 [非表示]

長門小学校では、町の伝統文化の1つである「立岩和紙」の原料になる“こうぞ”の木を、 5年生が育てています。育てたこうぞは枝を切ってゆで上げ、和紙の原料をしぼり出して保存しておきます。そして6年生になると、自分たちの卒業証書を自分たちで紙すきをして作るのです。

子どもたちには、自然豊かな長和町の伝統文化を、ずっと大切にしてほしいです。

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3