東京
開催報告
2021.11.10

エンターテイメント業界でのリサイクル活動について劇団スーパー・エキセントリックシアターの大関真さんに聞きました!

目次 [非表示]

劇団スーパー・エキセントリック・シアターは、1979年に俳優の三宅裕司さんを中心に結成され、だれもが見やすいエンターテイメント作品を作り続けています。劇団では、リサイクルにも積極的に取り組んでいるそうです。そのお話を、代表取締役の大関真さんに聞きました。

「演劇は台本の印刷、差し替えなどで大量の紙を消費したり、舞台美術での木材、舞台衣装など、多くが一度しか使えないものが多いのですが、できるだけロスを減らし、衣装を作り変えたり、再利用できるものはできる限り再利用したりしています」とのことです。

さらに、大関さんはこう話してくれました。

「エンターテイメントはエコな取り組みや、さまざまな考え方を多くの人に届けられる、とても大きな可能性を秘めているものです。それをかた苦しくなく伝え、たくさんの人を笑顔にできたらと思っています」。

みなさんも、エンターテイメントにふれ、いろいろと感じ取ってみてください!

劇団SET第59回本公演『太秦ラプソディ ~看板女優と七人の名無し~』をエコチル読者限定で無料配信します!

本番後にはオンラインで質問にも答えるバックステージツアーを実施します。舞台の裏側も楽しんでください!

>>>お申し込みは こちらから!

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3