山形
動物園だより
2022.07.11

【鶴岡市立加茂水族館だより】魚を丸のみ!ひれで逆立ちもできる「カリフォルニアアシカ」

目次 [非表示]

カリフォルニアアシカ

学名:Zalophus californianus
食肉目 アシカ科
生息地:北アメリカの西海岸など


カリフォルニアアシカのメス(上)とオス(下)。オスはおでこのこぶと大きな体が特徴。

カリフォルニアアシカの食性

カリフォルニアアシカは、口の中にある立派な歯で魚やイカをくわえてつかまえ、丸のみにします。当館では、アジ・ホッケ・サバの3種類の魚をあたえています。当館の人気者、カリフォルニアアシカのコアは1日で8〜9㎏のえさを食べます。

前のひれで敬礼するコア

アシカとアザラシの見分け方

アシカとアザラシには大きく3つのちがいがあります。1つ目は歩き方で、アシカは前ひれの力が強く体を支えながら歩くことができ、前ひれで自分の体を支えて逆立ちすることもできます。一方のアザラシは、前ひれの力が弱く、イモムシのようにはって歩きます。

次は泳ぎ方。前ひれを鳥が羽を羽ばたかせるように泳ぐのがアシカです。アザラシは、前ひれよりも後ろびれの力が強く、後ろびれを使って横にくねくねさせて泳ぎます。

そして耳もちがいます。アシカは、人間と同じ耳たぶ(耳介)がありますが、アザラシは耳たぶがありません。眼の後ろに出っ張っているものがアシカの耳たぶです。

当館ではふきぬけの大空間で、アシカやアザラシ=ひれあし類の特徴を解説する「ひれあしの時間」を11月いっぱいまで実施しています。それぞれの特技と個性を感じながら、観察してみてください。


発達した前のひれで逆立ちする様子

かもすいニュース

音楽の夕べ ~あなたとクラゲと音楽と~

当館では月に1回、たくさんのクラゲがただよう直径5mの大水槽『クラゲドリームシアター』前でコンサートイベントを開催しています。神秘的な雰囲気の中、クラゲと音楽のコラボレーションにいやされてみませんか?くわしくはホームページをご覧ください。


写真提供:加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館
〒997-1206 山形県鶴岡市今泉大久保657-1
TEL 0235-33-3036
https://kamo-kurage.jp

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3