札幌
その他
2022.04.11

楽しもう!春からの新学期・新生活!春からのUHBは50周年イヤーがスタート!

目次 [非表示]

UHB(北海道文化放送)は1972年に開局し、今年4月1日(金)に半世紀となる節目の年をむかえたよ。記念すべき50周年イヤーは、「つながる」をコンセプトにさまざまな番組や事業を企画。札幌出身のお笑いコンビ、タカアンドトシがアンバサダーに就任し、50周年を盛り上げていくよ。ぜひみんなも注目してね!

「北海道に、ユーがいる。」 にこめられた願いは?

開局50周年のキャッチフレーズは、「北海道に、ユーがいる。」。「ユー」は「あなた」であり、UHBの「U」でもあるんだ。新型コロナウイルスの影響で人と人とのコミュニケーションが難しくなった今だからこそ、UHBは積極的に北海道の街や人とつながり、いっしょに北海道の明日をつくっていきたいという願いをこめているよ。

北海道の可能性を広げよう!

50周年のロゴは、UHBのチャンネル「8」と無限大の「∞」をかけ合わせたもの。北海道のみんなとUHBがつながり合い、より良い環境を生んでいくことによって、北海道の可能性が限りなく広がっていくことを表現しているよ。

大好きな北海道の役に立ちたい!

札幌出身のお笑いコンビ、タカアンドトシが50周年をいっしょに盛り上げていくよ。実は2人が人前で初めてネタを披露したのが今から28年前、UHBのオーディション番組だったんだ。2人が日ごろからいだいているのが、「大好きな北海道の役に立ちたい」という思い。同じ思いを持つUHBとタッグを組んで、北海道を盛り上げ、元気づけていくよ!

「つながる」を コンセプトに…

開局50周年の各番組、事業をきっかけに、道内各地の街や人とこれまで以上につながり、北海道のみんなにUHBがあって良かったと思ってもらえる地域に密着した放送局を目指していくよ。

アンバサダーに就任
北海道出身のタカアンドトシ

UHBの看板番組「発見! タカトシランド」に出演中のタカアンドトシが、周年アンバサダーを務めるよ。1994年、2人が高校3年生のときにUHBのオーディション番組に出演して、初めて人前でネタを披露したんだって!

©UHB/YOSHIMOTO KOGYO

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3