関東
動物園だより
2022.02.07

【金沢動物園だより】コアラ

目次 [非表示]

コアラ

学名: Phascolarctos cinereus
生息地:オーストラリア東部
双前歯目 コアラ科

コアラと同じく、メスのお腹に袋があります

オオカンガルー

 

パルマワラビー

ユーカリを食べるための 適応

コアラは、お腹の袋で赤んぼうを育てる有袋類の一種です。オーストラリアに生息していますが、森の伐採や山火事などによる生息環境の悪化や、人が持ちこんだウイルスなどによる病気によって絶滅が心配されています。

コアラは、食事の大部分がユーカリです。繊維質が多く、有毒な物質をふくんでいるユーカリを食べられる哺乳類は、ほぼコアラだけです。ユーカリの繊維質を消化するために、コアラは他の哺乳類に比べて非常に発達した盲腸を持っています。また、ユーカリの毒素を処理するためには、たくさんのエネルギーを使います。「コアラが1日中ねている」といわれるのは、こんな理由からです。

コアラとユーカリ

コハルの来園

昨年11月、埼玉県こども動物自然公園から2才のメス、コハルがやってきました。小がらで小食、健康チェックをしてもおとなしくしています。静かでのんびり屋の印象でした。

しかし、展示場に移動してからは印象が変わりました。特に夜はゆかを走り回ったり、木から木へ飛び移ったり、飛び降りたり。メスのコアラは、発情が来るとソワソワするのですが、コハルの動きは特に激しく、担当者もおどろきました。

現在は、金沢動物園にも慣れ、ユーカリをモリモリ食べて元気に過ごしています。日中は何カ所かあるお気に入りの休憩場所を転々としながらのんびり過ごしています。ぜひ、コハルたちに会いに来てください。

コハル

かなざわニュース

3月17日で開園40周年!

3月17日で金沢動物園は開園40周年を迎えます。2022年を40周年イヤーとして、さまざまなイベントを行う予定です。

3月19日(土)~21日(月・祝)には、「開園40周年記念 Zoo to Wild Fes Spring ~楽しく学ぶSDGs~」と題して、ラジオ風にお届けする「KANAZAWA Radio」や写真展、SDGsに関連したブース出展などを開催します。お楽しみに!


写真提供:金沢動物園

金沢動物園【指定管理者 公益財団法人横浜市緑の協会】
〒236-0042
横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
TEL 045-783-9100
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3