福島
動物園だより
2022.01.20

【アクアマリンふくしまだより】ラウスブドウエビ

目次 [非表示]

ラウスブドウエビ

 

学名:Pandalus spinosior
十脚目 タラバエビ科
生息地:北海道羅臼沖~千島列島の水深500~800m

ふ化直後のラウスブドウエビの赤ちゃん。2才でまず「オス」になり、5~7才になると今度は「メス」に性転換をします。

ぶどう色が美しいまぼろしのエビ

名前の通り「ぶどう色」の体色が特徴です。一般的に、深海のエビの体色は赤色が多いため、めずらしい体色の高級エビとして知られています。このエビを含む「タラバエビ科」は、体がとても大きく、あまくおいしいことで有名です。

おすしのネタで有名な「甘エビ」や「ボタンエビ」もこの仲間で、実は私たちの食になじみの深い身近なグループです。しかし、その一生は意外と知られていません。


おすしのネタでおなじみのボタンエビも同じ仲間

ゆっくり成長しながらオスからメスに変わります

エビやカニの仲間の多くは、小さな卵を多く産み、親とは似つかない未熟な姿で生まれます。一方、深海エビたちは大きな卵を少し産み、長い時間をかけて親とそっくりな姿まで成長してからふ化します。なかでもラウスブドウエビは最も長く、1.5~2年もお母さんエビが大切に卵の世話をします。

また生まれてから成長の過程でオスからメスに性転換するので、お店に並ぶブドウエビはそのほとんどが7~10才のメス。他のタラバエビ科も、食用となるのは3~5年以上かけて成長したメスばかりです。いつも何気なく食べている深海エビたちが、こんなに長い時間をかけて大きくなっていると想像すると、感謝の気持ちがわいてきますよね。めったに食べる機会がない「ぶどう色のエビ」たちは、水族館で出会うことができます。

 


ふ化までには長い時間がかかります

アクアマリンニュース

キタオットセイ展示デビュー

キタオットセイのユーリ(左:オス)とマリア(右:メス)の2頭が展示デビューしました! 生体の展示と共に、これまで当館が行ってきたオットセイの保護活動や、海洋プラスチックごみについて紹介しています。元気に泳ぎ回る2頭にぜひ会いに来てくださいね。


写真提供:アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま【ふくしま海洋科学館】
〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
TEL 0246-73-2525
https://www.aquamarine.or.jp/

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3