fbpx

今月のエコチル 横浜版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[横浜版]

今月のエコチル

6月号

A版:青葉区、都筑区、港北区、緑区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、泉区

B版:鶴見区、神奈川区、西区、南区、中区、戸塚区、港南区、磯子区、栄区、金沢区

A版:青葉区、都筑区、港北区、緑区、瀬谷区、旭区、保土ヶ谷区、泉区

B版:鶴見区、神奈川区、西区、南区、中区、戸塚区、港南区、磯子区、栄区、金沢区
WEBマガジン
ピン
日本の生態系に大きな影響をあたえる、といわれる外来種。どのような生き物がいて、どんな問題が起こっているんだろう? 外来種についてくわしく見ていくよ!
ヘサキリクガメの他にマダガスカル固有種のホウシャガメとキバラクモノスガメを飼育しています。いずれの種類も絶滅の危機にひんしていますが、野毛山動物園はいずれの種類も繁殖に成功しています。
2017年から横浜市が実施する「ガーデンネックレス横浜」は、今年で4回目をむかえました。山下公園、港の見える丘公園など都心臨海部の「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシアに隣接する自然豊かな「里山ガーデン」をメイン会場に、約60万本の花が市内各所をいろどり、行き交う人々を楽しませてきました。

【緑区】新治小学校 校長 宮本 雅司 先生

新治市民の森や梅田川など緑豊かな環境に囲まれた本校は、わら細工や竹細工、染め物、もち米や野菜の栽培など、体験的な学びが盛んです。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

今月のイベント情報   

 ・北海道版

 ・東京版

    ・横浜版

今月の応募  

北海道版

東京版

横浜版

top