fbpx

今月のエコチル 東京版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[東京版]

今月のエコチル

9月号

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

スポチル東京A版

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

キャリチル東京A版

WEBマガジン
ピン
日本は外国に比べると災害が発生しやすいんだ。そのため、日ごろから防災対策をしっかり行いたいね。でも、どうやればいいのかな?〝もしも〟のときのための対策を見ていこう!

元気ハツラツ!」でおなじみの炭酸栄養ドリンク「オロナミンC」、みんなも飲んだことがあるんじゃないかな?発売して55年、多くの人から愛されているオロナミンCには、みんなを元気ハツラツにする5つの秘密があるんだ。

今回、お話をうかがったのは、株式会社アトリエデフの大井明弘さんです。日本の山を守り育てるための取り組みや、自然にふれることの大切さなど、いろいろなお話をしてくれました。
「STEAM」「身体表現」「地域」の3つをテーマに、無料で楽しめるオンラインワークショップイベントが開催されるよ。全国の住みます芸人さんとのオンライン旅行やプログラミングなど、おもしろいワークショップがたくさん! 当日参加できるものもあるから、サイトをチェックしてみてね。

みんなのおうちでは 〝ローリングストック〟をやっているかな? 普段の買い物をちょっと多めにし、置きスペースを少し増やすだけでできるんだ!

『わたしのステイホーム』をテーマにしたミニ作文募集に応募してくれて、みんな、本当にありがとう! たくさんの応募の中から、第1回の入賞作の4名が決定したよ。第3回の応募締切は10月7日(水)だよ。みんなの気持ちや意見、もっと聞かせてね。

コサンケイはベトナムの森に生息するキジの仲間です。オスはきれいな青色でとても派手ですが、メスは茶色くあまり目立ちません。雌雄で見た目が大きくちがうのは、キジの仲間の多くに見られる特徴です。
科学実験や英語、ダンスやクイズ大会など、さまざまなオンラインイベントがいっぱいの『学研キッズフェス2020』が、8月22日(土)に開催されました。

【墨田区】業平小学校 校長 山田 明先生

本校では“運動・保健・食育”を三本柱に、アクティブ・ライフという活動を行っています。中でも大切にしているのが、体験学習と出前授業です。

ピン
今年の夏は、例年以上に暑いことが予想され、コロナウイルスの影響から家の中での運動が中心になるかもしれないね。 そんな今だからこそ、いつでも、どこでも、だれでも、手軽にできる運動を紹介!
さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、東京オリンピック2020のクレー射撃(スキート)の女子代表に内定している石原奈央子選手に、クレー射撃を始めたきっかけや、東京五輪の代表に決まったときの気持ち、目標をかなえるために大切なことなど、さまざまなお話をうかがいました。
一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会が、専門家監修のもと、オンラインで運動を楽しめる「ARゆるスポーツ」を発表しました。

【江戸川区】平井東小学校 副校長 伊藤 眞吾 先生

火曜日の中休みを“パワーアップチューズデー”と名付け、7グループにわかれた全校児童が、ボール、リレー、遊具など、いろいろな運動に挑戦しています。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
2020年2月16日(日)に、「スポGOMI大会in両国~江戸のリサイクルから学ぼう」が両国にて開催されました。あいにくの雨の中でしたが、22チーム83名が集まり、木瀬部屋のお相撲さんたちも参加しての“スポGOMI”が両国の街なかを舞台にスタートしました。

【渋谷区】鳩森小学校 教諭 藏部 雄士 先生

本校に来て3年、現在は5年生の担任をしています。学びに向かう姿勢をしっかりと身に付けられるよう、全てを教えるのではなく、指導の工夫をして、子どもたち自身が達成感を味わえるようにしています。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

今月のイベント情報   

 ・北海道版

 ・東京版

    ・横浜版

今月の応募  

北海道版

東京版

横浜版

top