fbpx

今月のエコチル 東京版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[東京版]

今月のエコチル

4月号

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

スポチル東京A版

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

キャリチル東京A版

WEBマガジン
ピン

今、世界で地球温暖化が問題になっているよ。いったい、何が問題なのかな? そもそも、地球が温暖化すると、どんな困ったことが起こるんだろう? 今回は、地球温暖化についてくわしく見ていくよ!

春は新しい気持ちでいろいろなことにチャレンジするのにぴったりの季節。そんなときにおすすめなのが、一流のプロに学ぶワクワク体験がそろっている「ギフテ!」だよ。

今回、お話をうかがったのは、一般社団法人エシカル協会の竹地由佳さんです。エシカルの意味や、親子でエシカルを学ぶ最適な方法など、さまざまなお話をしてくれました。

カブトムシについて勉強した後、幼虫のペットボトルハウスを作り、落ち葉溜めで実際に幼虫を探すよ。どれくらい見つかるか楽しみだね。午後からは、ノコギリで丸太を切って、知恵の輪「ドングリの綱渡り」作りも。カブトムシの幼虫がもらえるから、成虫になるまで観察しながら育ててね。

自然の中でとれる食べ物には、旬というものがあるよ。旬を知っておくと、より栄養価の高い物をおいしく食べることができるんだ。今から、旬について学んでいこう!

この4月に小学校へ入学した新1年生のみなさん、はじめまして!「エコチルを初めて読むよ」という人もいれば、お兄さんやお姉さんがいて「エコチルを読んだことあるよ」という人もいるかもしれないね。エコチルにはエコや環境についての情報がいっぱい!さらに、参加すると楽しいことやうれしいことがいっぱいあるんだ。どんな楽しみ方があるのか、ここで紹介するね!

グロー(glow)は光る、ワーム(worm)はミミズのような足のない幼虫を意味します。昆虫園で飼育しているグローワーム(ヒカリキノコバエの幼虫)は、オーストラリアとニュージーランドの洞窟などに生息し、その名の通り、腹端が青白く光ります。

本校では学校支援本部のボランティアやOYA・JIの会の方々の協力で花を育てたり、プールに浮島を作ってヤゴを育てたりして自然にふれる機会があります。

ピン
今年の夏は、例年以上に暑いことが予想され、コロナウイルスの影響から家の中での運動が中心になるかもしれないね。 そんな今だからこそ、いつでも、どこでも、だれでも、手軽にできる運動を紹介!
さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、東京オリンピック2020のクレー射撃(スキート)の女子代表に内定している石原奈央子選手に、クレー射撃を始めたきっかけや、東京五輪の代表に決まったときの気持ち、目標をかなえるために大切なことなど、さまざまなお話をうかがいました。
一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会が、専門家監修のもと、オンラインで運動を楽しめる「ARゆるスポーツ」を発表しました。

【江戸川区】平井東小学校 副校長 伊藤 眞吾 先生

火曜日の中休みを“パワーアップチューズデー”と名付け、7グループにわかれた全校児童が、ボール、リレー、遊具など、いろいろな運動に挑戦しています。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
2020年2月16日(日)に、「スポGOMI大会in両国~江戸のリサイクルから学ぼう」が両国にて開催されました。あいにくの雨の中でしたが、22チーム83名が集まり、木瀬部屋のお相撲さんたちも参加しての“スポGOMI”が両国の街なかを舞台にスタートしました。

【渋谷区】鳩森小学校 教諭 藏部 雄士 先生

本校に来て3年、現在は5年生の担任をしています。学びに向かう姿勢をしっかりと身に付けられるよう、全てを教えるのではなく、指導の工夫をして、子どもたち自身が達成感を味わえるようにしています。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

top