今月のエコチル 東京版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

今月のエコチル

7・8月合併号

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

スポチル東京A版

A版:千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、江戸川

B版:港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区

C版:新宿区、中野区、杉並区、板橋区、練馬区

D版:文京区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区

キャリチル東京A版

WEBマガジン
ピン
もうすぐ夏本番。暑さが本格化する前に、快適に過ごすアイデアをいろいろ紹介! クールビズとクールシェアについても学んでいこうね。

2018年にプレ開催した「浅間国際フォトフェスティバル」が、今年第1回をむかえるよ。

この「浅間国際フォトフェスティバル2019 PHOTO MIYOTA」は、浅間山のふもと、長野県御代田町で行われる〝写真のお祭り〟。世界のいろいろな国では、「フォトフェスティバル」がさかんに行われているけれど、実は、日本ではあまり例がない。今回、世界で活躍する国内外のアーティストの作品を、間近に見られるチャンスなんだ!

今回、お話をうかがったのは、株式会社グレープストーンの三島伸康さんです。〝東京ばな奈〟のおいしさの秘密や食品ロスへの取り組みなど、いろいろなことを話してくれました。
日本の暮らしを支えてきた“職人”が全国から集合し、伝統的な技をみんなの間近で実演するよ。そのすご技にきっとおどろくはず! また、だし巻き玉子の製作と試食、からくりミニ屏風の制作、S型かわらの施工体験など、さまざまな職種の体験プログラムも用意。HPでの事前予約がオススメだよ。
エコチルと札幌市がタッグを組み、環境とSDGsをテーマにした環境総合イベント『環境広場さっぽろ』を、8/12(月・休)と8/13(火)の2日間に渡って札幌ドームで開催するよ。イベント内容をくわしく見ていこう!
楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる「キッザニア東京」。パイロット、医師、ファッションモデル、シェフなど約100種類の中からいろいろな仕事を体験できるので、ワクワクしちゃうね! そのキッザニア東京で、夏休み限定のさまざまなイベントが開催されるよ。
容器文化ミュージアムでは使い終わった容器の活用方法として、エコ工作の作り方を紹介しているよ。特に、エコ工作は小学校低学年におすすめ!予約不要で材料も会場に用意してあるので、気軽に参加してね。
毎年、何万人もの人が熱中症で救急搬送されている。でも、心配しなくても大丈夫!暑さが本格化する前に、暑さに対応できる体を作って、この夏を元気に過ごそう!
5年生の後半から総合学習の時間を使い、“高円寺の街をよりよくしよう”という目標に向かって、さまざまなことに取り組んできた杉並区立杉並第八小学校6年1組の24人。これまでの活動や成果を報告し、協力体制をつくるための発表会が開かれたよ!
夏が近付いてきました。この時期は海に行きたくなりますね。海といってもいろいろな環境があります。その中でも岩場になっている海岸のことを「磯」といいます。岩は形も大きさもいろいろで、生き物のかくれ家もたくさんあります。磯では、多くの生き物がそれぞれにあった場所を見付けて、暮らしています。

【世田谷区】世田谷小学校 校長 中村 泰之先生
本校では、5年生が 総合的な学習の時間の学習活動として “マザーアース・プロジェクト”に取り組んでいます。

ピン
2019年4月にアイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律『アイヌ民族支援法』が成立し、初めて〝先住民族〟と法律に明記されることとなったよ。そんなアイヌについて学んでいこう!
日本FP協会が2007年から毎年行っている、“小学生の「将来なりたい職業」ランキング”からクイズを出すよ。ヒントを元に、①〜⑤にあてはまる職業を考えてね。答えは、下にあるよ。
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?

【江東区】豊洲小学校 研究主任 前河 英臣 先生

本校の子どもたちが楽しく学びながら学力をのばしていけるよう、授業力向上を目指しています

ピン
もうすぐ小学校のプールが始まるね。「今年こそクロールで25m泳ぎたい!」「去年よりも長いきょりを泳ぎたい!」「25mのタイムをあげたい!」など、いろいろな目標があると思う。そんなみんなに送る水泳特集だよ!
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で行われる全55競技の中から、注目の競技を紹介。今回は、東京2020大会で新たに採用されるスケートボードだよ!
さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、水泳自由形短距離 世界水泳2019日本代表の中村克選手に、やる気の保ち方や目標をかなえるために大切なこと、これからの目標など、さまざまなお話をうかがいました。

【北区】王子第三小学校 副校長 關口 泰正 先生

本校では体力向上、保健、食育を柱として、10年前から生活習慣や運動習慣の定着に関する実践研究をしています。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

top