今月のエコチル 北海道版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[北海道版]

今月のエコチル

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

スポチル札幌版

B 札幌近郊版

キャリチル札幌版

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

C 地域版(函館エリア)

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

キャリチル札幌版

環境広場さっぽろ2019

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

C地域版(北見エリア)

スポチル札幌版

6版の場合

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

C 地域版(旭川エリア)

C 地域版(函館エリア)

スポチル札幌版

7版の場合

A 札幌版

B 札幌近郊版

C 地域版

C 地域版(旭川エリア)

C 地域版(函館エリア)

C 地域版(釧路エリア)

キャリチル札幌版
WEBマガジン
ピン
2020年4月24日(金)、北海道白老町に、ウポポイ(民族共生象徴空間)がオープンするよ。アイヌ文化について、くわしく知ることができるみたい。どんな施設なのかな? いっしょに見てみよう!

>>> 続きを

みんなには、得意なことと苦手なことってあるよね。きっと周りにも、絵をかくのが得意な子、計算が得意な子、運動が苦手な子、人と話をするのが苦手な子、いろいろな人がいると思う。児童発達支援放課後デイサービス 花のスキップは、そんな人それぞれの個性を大切にした支援を行い、子どもたちの成長を見守る施設。苦手なことがちょっとできるようになったり、できることが少しずつ増えていったりするような支援をしているよ。
2020年2月11日(火・祝)、さっぽろ雪まつり大通会場7丁目HBCポーランド広場のステージで、第8回みんなで考える 公共交通アイデアコンテストの表彰式が行われたよ。437作品から選ばれた受賞作品を紹介するね。受賞者のみんな、おめでとう!

スマホは正しく使うと、とても便利な物だけれど、まちがった使い方をすると、トラブルにつながることも。どんなことに注意したらいいのかな?

バスが現在どこを走っているか、おくれていないかなどをリアルタイムに検索できるバスロケーションシステム。札幌市内を走るバスにも導入が進められています。生活を便利にするバスロケーションシステムについて紹介します。
北海道には、野菜や魚、乳製品など、おいしい食材がたくさんあります。地元でとれた物を食べると良いこともいっぱいです。今回は北海道の食材や地産地消について、いっしょに見てみましょう。
今回は、札幌を拠点に活動する梅ボーイズのリーダー山本将志郎さんにお話をうかがいました。昔ながらのすっぱい梅干しを作り、日本の梅文化を広める活動をしています。
私たちの生活に欠かせない下水道について、お仕事体験などをしながら学べる展示がいっぱい。水をきれいにする方法や雨水をためておく場所など、下水道の世界をのぞいてみよう。
オオワシは、日本に生息する一番大きなワシで、つばさを広げると約2mもあります。黄色くするどいくちばしと、全体的に黒っぽい羽、つばさの上部や尾の白い羽が特徴です。

遠別町立遠別小学校 校長 小澤 真弓 先生

遠別町は自然豊かな地域で、漁業や酪農、農業が盛んです。

ピン
ついにやって来た“五輪イヤー„。どこの会場でどんな競技が開催されるのか、具体的な情報を紹介すると共に、大会を前に変わりつつある東京を見ていくよ。
2018年9月号から始まったこのコーナーも今回で6回目。SDGs博士と助手のインフィニティちゃんといっしょに、世界が目指す目標「SDGs」についてみんなで学んでいこう!!
2020年1月12日(日)、札幌市豊平区の体育館・北海きたえーるで、トップアスリート チャレンジが開催されたよ。野球、バドミントン、タグラグビーの3競技を小学1~4年生が順番に全て体験したんだ。野球は北海道日本ハムファイターズ元選手の田中賢介さん、バドミントンは北海道コンサドーレ札幌 バドミントンチームのみなさん、タグラグビーは北海道バーバリアンズのみなさんに教えてもらったよ!
みなさんは、ジンギスカンやちゃんちゃん焼き、いももちなど、北海道で昔から食べられている郷土料理を知っていますか?今回は北海道の郷土料理について、いっしょに見てみましょう。
さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、走幅跳選手の城山正太郎さんに、走幅跳を始めたきっかけや、競技の魅力、東京五輪にかける思い、小学生へのメッセージなど、いろいろなお話をうかがいました。​

【南区】藤の沢小学校 教頭 甲斐 瑞恵 先生

本校は、森林近くの丘に建つ、自然あふれる学校です。冬には、3~6年生はスキー、1・2年生は歩くスキーをします。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
ユニセフ(国連児童基金)は、世界の子どもたちの命と健康を守るために創立された国連機関です。貧困や病気、教育など子どもたちが直面している問題に取り組むために、約190の国と地域で活動しています。

札幌市立山鼻南小学校 教諭 高橋 浩史 先生

小学生のとき、父親の仕事の関係でケニアに住んでいました。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

今月のイベント情報   

 ・北海道版

 ・東京版

    ・横浜版

今月の応募  

北海道版

東京版

横浜版

top