fbpx

今月のエコチル 北海道版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[北海道版]

今月のエコチル

D 中高生版

栄町版  特別号

B 札幌近郊版

D 中高生版

キャリチル札幌版

D 中高生版

スポチル札幌版

WEBマガジン
ピン

世界が豊かになるための目標=SDGs。17のゴールのうち、少なくとも13のゴールが直接環境に関係するといわれています。SDGsが環境や私たちの生活とどのようにつながっているのか、ここでいっしょに見てみましょう。

みんなは、JRや地下鉄、路線バス、市電などの公共交通機関を使うことはあるかな? 札幌市民の重要な移動手段となっている公共交通機関だけれど、実はさまざまな問題があるんだ。それらの問題を解決するためのアイデアコンテストを開催するよ。ぜひ応募してみてね!

「レジ袋チャレンジ」とは、マイバッグを持ち歩き、買い物をしたときに「レジ袋はいりません」と辞退することが当たり前になる、そういった1人1人のライフスタイルを変えることを目指す環境省のキャンペーンだよ。

みなさんは、北海道・広尾町がサンタのまちだということを知っていますか?1984年にノルウェー・オスロ市から国外初のサンタランドに認定された「ひろおサンタランド」があり、そこは1年中いつでもクリスマス。サンタの家などを見学することができます。

みんなは「地球温暖化問題」という言葉を聞いたことがあるかな。世界では、熱波や干ばつ、ハリケーンや洪水など、気候変動による災害が増えている。その原因の1つが、地球温暖化と考えられているよ。現在でも気温は上がり続けて、日本でも100年あたり1.19℃の割合で上がっているんだ。

11月は児童虐待防止推進月間。オレンジリボンを身に着け、子どもたちへの虐待をなくしたいという気持ちを広める運動が行われています。どんなことが問題になっているのか、私たちにできることは何か、いっしょに考えましょう。

オグロプレーリードッグは、尾の先が黒く、北アメリカのプレーリーと呼ばれる大草原に暮らし、「キャーン」と犬のような鳴き方をすることからその名が付きました。するどいつめで、地下にトンネル状の巣穴をほります。

オランウータンは、インドネシアとマレーシアにすむ大型の類人猿です。類人猿は人にとても近い動物で、高い知能を持っています。森の中で暮らし、ほとんどを木の上で過ごしています。木の上での生活に適した体を持ち、長いうでを使って枝から枝へとゆっくり移動します。

食品のパッケージの裏には、いろいろな情報が書かれているけれど、じっくり見たことはあるかな?今回は、食品表示の見方について紹介するよ。おうちにある食品の表示を見てみよう。

立命館慶祥高等学校は、個性集まる生徒が集い“世界に通用する18歳”というスローガンを掲げて、生徒それぞれが自分の個性を輝かせている学校です。今回はそんな立命館慶祥高等学校について紹介していきます。

恵庭市立松恵小学校 校長 加藤 紀子先生

本校には学校農園があり、地域の農家さんの協力を得ながら、子どもたちはたくさんの種類の野菜を育てています。

【手稲区】稲積中学校 校長 吉本 将樹先生

本校では例年、生徒会が中心となり、身近な環境へ目を向ける機会をつくることをねらいとして、稲積公園の清掃ボランティアを行っています。

みんなは、冬のスポーツと聞くと何を思いうかべるかな?今回は、雪や寒さを利用してできる札幌の冬ならではのウインタースポーツの魅力を紹介するよ。

さまざまな分野のアスリートが登場するコラム。今回は、札幌市出身のプロスノーボーダー・松本遥奈選手にインタビューしました。スノーボードを始めたきっかけ、目標を達成するために大切にしていることなど、お話をうかがいました。

10月17日(土)、荒井山シャンツェにて、第17回札幌市長杯荒井山ジュニアサマージャンプ大会が開催されました。小林陵侑選手、高梨沙羅選手をはじめとする、数多くのトップジャンパーも参加してきた大会です。

【南区】簾舞小学校 教頭 筒井 祐光先生

本校では、2月に3年生が藤野リュージュ競技場でリュージュ体験を行い、4年生は真駒内のアイスアリーナでスケート体験を行います。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
ユニセフ(国連児童基金)は、世界の子どもたちの命と健康を守るために創立された国連機関です。貧困や病気、教育など子どもたちが直面している問題に取り組むために、約190の国と地域で活動しています。

札幌市立山鼻南小学校 教諭 高橋 浩史 先生

小学生のとき、父親の仕事の関係でケニアに住んでいました。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

今月のイベント情報   

 ・北海道版

 ・東京版

    ・横浜版

今月の応募  

北海道版

東京版

横浜版

top