fbpx

今月のエコチル 北海道版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[北海道]

今月のエコチル

4月号

B版:空知、石狩、後志、胆振
C版:日高、渡島、檜山、上川、留萌、宗谷、オホーツク、十勝、釧路、根室
C版 北見:オホーツク
D版:中高生(札幌)

B版:空知、石狩、後志、胆振

C版:日高、渡島、檜山、上川、留萌、宗谷、オホーツク、十勝、釧路、根室

D版:中高生(札幌)

C版 函館:渡島、檜山

C版 旭川:上川、留萌、宗谷

C版 帯広:日高、十勝

C版 釧路:釧路、根室

C版 北見:オホーツク

D 中高生版

スポチル札幌版

D 中高生版

栄町版  特別号

B 札幌近郊版

D 中高生版

キャリチル札幌版

WEBマガジン
ピン

みなさんは、プラスチックごみの問題について 知っていますか。ポイ捨てされたレジ袋などの プラスチック製品が、地球環境に大きな影響を あたえています。私たちにできることをいっしょに 考えてみましょう。

みんなは、札幌市の大気環境や放射線量について知っているかな。札幌市内でも春先から初夏にかけて、PM2・5などの大気汚染物質の濃度が上がることがあるよ。

さあ、新しい学年です。元気な心と身体を養う絶好の機会ですね。 この春も健康な体づくりのお手伝いをさせていただきます。 しっかり体操して、病気やケガに打ち勝つ強い体をつくりましょう。

今回は、北海道の子育て家庭を応援する「どさんこ・子育て特典制度」について紹介します。特典カードの提示でさまざまなサービスが受けられます。 ぜひ、みなさんも利用してみてください。

1年生のみんな、入学おめでとう!! 4月といえば入学式やお花見、GWなど、 イベントがいっぱいだね。 今回は、「4月」についてクイズを出すよ。

この4月に小学校へ入学した新1年生のみなさん、はじめまして!「エコチルを初めて読むよ」という人もいれば、お兄さんやお姉さんがいて「エコチルを読んだことあるよ」という人もいるかもしれないね。エコチルにはエコや環境についての情報がいっぱい!

みんなはおうちで料理をすることはあるかな?「見る・さわる・聞く・においをかぐ・味わう」の五感を使い、作るたびに新しい発見のある料理には、ドキドキやワクワクがつまっているよ。記事を読んで、ぜひ料理に挑戦してみて

私たちがずっと地球で暮らせるように、世界が豊かであり続けるための 17のゴールが定められているSDGs。 そのうち14と15のゴールについて、英語では何と表現されているかな。当てはまる単語をそれぞれ1つ選んでみよう。

4月になって少しずつ暖かくなってきたね。家では冬服を片付け始めているかな。みんなは育ち盛りだから、去年は着られた服が今年は小さくて着られなくなっているかもしれないね。

北海道保健福祉部とエコチルを発行している株式会社アドバコムが「子育て支援に係るタイアップ協定」を締結することになりました。3月18日(木)、北海道庁にて「子育て支援に係るタイアップ協定締結式」が行われました。

ブチハイエナは、昔は悪魔の動物といわれていました。メスにもオスの生殖器のような見た目のものがあって性別の見分けがつきにくく、「キャキャキャキャ」と人の笑い声に似た声を出すためです。

動物園の飼育舎には、「ふみこみ消毒槽」という消毒薬を入れたおけがあります。これは、飼育作業をするときにはいている長靴を消毒するために置いています。また、手指消毒のためのアルコールスプレーも常備しています。

本校には、ハララキ活動というアイヌ文化について学ぶ時間があります。アイヌの教えに「自然からあたえられたものは全て神の恵み」というものがあり、自然を敬い、山菜なども必要量しか採りません。

昨年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年より電気の使用量が多くなっていました。そこで、生徒会の保健常任委員会が中心となり「節電アクション」という活動を行いました。

ピン
A_ecochil_tokusyu sdgs

【エコチル特集】持続可能な開発目標 SDGsで世界を変えよう!

世界が豊かになるための目標=SDGs。17のゴールのうち、少なくとも13のゴールが直接環境に関係するといわれています。SDGsが環境や私たちの生活とどのようにつながっているのか、ここでいっしょに見てみましょう。

>>> 続きを見る

【南区】簾舞小学校 教頭 筒井 祐光先生

本校では、2月に3年生が藤野リュージュ競技場でリュージュ体験を行い、4年生は真駒内のアイスアリーナでスケート体験を行います。

【南区】簾舞小学校 教頭 筒井 祐光先生

本校では、2月に3年生が藤野リュージュ競技場でリュージュ体験を行い、4年生は真駒内のアイスアリーナでスケート体験を行います。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
ユニセフ(国連児童基金)は、世界の子どもたちの命と健康を守るために創立された国連機関です。貧困や病気、教育など子どもたちが直面している問題に取り組むために、約190の国と地域で活動しています。

札幌市立山鼻南小学校 教諭 高橋 浩史 先生

小学生のとき、父親の仕事の関係でケニアに住んでいました。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

top