fbpx

今月のエコチル 北海道版|エコチル(子ども環境情報紙 エコチル)

ホーム > 今月のエコチル[北海道]

今月のエコチル
B版:空知、石狩、後志、胆振
C版:日高、渡島、檜山、上川、留萌、宗谷、オホーツク、十勝、釧路、根室

C版 旭川:上川、留萌、宗谷

C版 函館:渡島、檜山

D版:中高生(札幌)

C版 函館:渡島、檜山

C版 旭川:上川、留萌、宗谷

C版 帯広:日高、十勝

C版 釧路:釧路、根室

C版 北見:オホーツク

D 中高生版

スポチル札幌版

D 中高生版

栄町版  特別号

B 札幌近郊版

D 中高生版

キャリチル札幌版

WEBマガジン
ピン

春から夏は、野鳥が子育てをする季節。ひなは、えさの取り方や飛び方などを親鳥から教えてもらっています。もしも、地面に落ちてしまったひなを見つけても、親鳥が近くにいるので、遠くからそっと見守りましょう。

世界4大ミスコンの1つといわれている「ミス・アース」というコンテストがあることを知っていますか? 「ジュニア・アース・ジャパン」は、子どもたちが環境保護への意識を向上し、未来に向けてえがく夢を応援する、小学4年生から高校3年生の女子を対象としたコンテストです。

電池3本使用で強力な風が出る! はさみ・のりを使わないで工作できるよ。親子で作ってみよう!
※電池別売

「プログラミングって、男の子がやるイメージがある。」「プログラミングを習ってみたいけれど、女の子だと教室に通いづらそう…。」そんなふうに思ったことはありませんか?

毎月エコに関する英語クイズを出題!みんなで挑戦してみよう!木の緑や色とりどりの花がきれいな季節になってきたね。今回は、植物や自然を表す英語をいくつか紹介するよ。読み方をヒントに、1~5の□に入るアルファベットを考えてね。最後にキーワードを完成させると、どんな英単語になるかな? 

みんなで楽しく、気持ちよく食事をするために大切なマナーがあるよ。みんなはどれくらい知っているかな? いっしょに見てみよう。

全国で元気に環境活動をしている「こどもエコクラブ」から、長崎県島原市のクラブ「キャンパーズ」の活動を報告します。  

毎月みんなにお届けしている子ども環境情報紙「エコチル」をYouTubeライブで分かりやすく紹介するよ!エコチル紙面と合わせて、お友達やご家族のみなさんで楽しみながらエコを学んでね!

エゾタヌキは、北海道にのみ生息しています。本州にいるホンドタヌキと比べて、体は一回り大きいです。頭からおしりまでの長さは50~60 cm。体重は4~8kg。夏毛の時期は、体はほっそりとしています。

みなさんはクマタカといえばどんな鳥を思いうかべますか?漢字で書くと「角鷹」です。角のように見える頭の羽があり、目の下に隈取を取っているように見えるので、その名が付いたという説があります。

絶滅危惧種といって、近い将来に絶滅の危険性が高い種とされています。日本では九州以北で繁殖し、北海道が分布の北限です。  

本校では、毎年5年生に日本伝統の製鉄法である「たたら製鉄」の体験授業を実施しています。「室蘭・登別たたらの会」のみなさんに指導していただきながら、砂鉄を原料とした鉄の精製を体験します。

本校では生徒会を中心に呼びかけを行い、ペットボトルキャップ・リングプルの回収をしています。PTAの皆様や地域の商業施設の方々にもたくさんご協力いただき感謝しています。

ピン
A_ecochil_tokusyu sdgs

【エコチル特集】持続可能な開発目標 SDGsで世界を変えよう!

世界が豊かになるための目標=SDGs。17のゴールのうち、少なくとも13のゴールが直接環境に関係するといわれています。SDGsが環境や私たちの生活とどのようにつながっているのか、ここでいっしょに見てみましょう。

>>> 続きを見る

【南区】簾舞小学校 教頭 筒井 祐光先生

本校では、2月に3年生が藤野リュージュ競技場でリュージュ体験を行い、4年生は真駒内のアイスアリーナでスケート体験を行います。

【南区】簾舞小学校 教頭 筒井 祐光先生

本校では、2月に3年生が藤野リュージュ競技場でリュージュ体験を行い、4年生は真駒内のアイスアリーナでスケート体験を行います。

ピン
みんなと同世代の世界の子どもたちは、どのような生活を送り、何に困っているんだろう? 日本ユニセフ協会に、いろいろと教えてもらったよ。
Q1.世界で一番平均寿命が長い国は日本だよ。 では、第2位はどこの国?
毎回、さまざまな職業で活躍中のプロフェッショナルが登場!「どんな仕事?」「どんな人が向いているの?」などインタビューするよ。今回は、どんな話が聞けるかな?
ユニセフ(国連児童基金)は、世界の子どもたちの命と健康を守るために創立された国連機関です。貧困や病気、教育など子どもたちが直面している問題に取り組むために、約190の国と地域で活動しています。

札幌市立山鼻南小学校 教諭 高橋 浩史 先生

小学生のとき、父親の仕事の関係でケニアに住んでいました。

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

top