全国
おすすめ情報
2022.03.07

\Zoom 開催!/ 福島県&東京スイソミルコラボイベント!水素は未来のエネルギー?福島県産CO₂フリー水素を学ぼう

目次 [非表示]

地球上のあらゆる場所で気候変動の影響が深刻な問題になっている今、SDGs(持続可能な開発目標)でも「7エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」がゴールの一つとして挙げられています。

水素は、エネルギーとして使用するときに二酸化炭素を出さないことから、環境にやさしい特性が注目されているエネルギー。様々な方法で作ることが出来ますが、その中でも、再生可能エネルギーを使って生み出された水素は「CO2フリー水素(グリーン水素)」と呼ばれ、水素を作る段階でも環境への負荷を減らすことができます。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、大会史上初めて、水素がエネルギーとして使われました。大会での事例も紹介しながら、水素エネルギーの活用がどこまで進んでいるのか、専門家の方にわかりやすくお話しいただきます。

\福島県&東京スイソミルコラボイベント/
水素は未来のエネルギー?再エネから作られた水
「福島県産CO2フリー水素」を学ぼう!!
2022
321(月・祝)
 14:0016:00
Zoomによるオンライン配信】

東京都・福島県・国立研究開発法人産業技術総合研究所・公益財団法人東京都環境公社の4者で協定を締結し、CO2 フリー水素の活用と福島県内の再生可能エネルギーの導入を推進しています。この一環として、福島県庁と共同で開催いたします。

ゲスト

CO2フリー水素について

国立研究開発法人産業技術総合研究所
再生可能エネルギー研究センター長
古谷 博秀 様

水素トーチについて

水素トーチコンソーシアム代表幹事

トヨタ自動車株式会社 商用ZEV基盤開発部主幹
山岸 典生 様

プログラム詳細

14:00~14:10
水素エネルギーの特徴【東京都環境公社担当職員】

14:10~14:40
産総研FREAがCO2フリー水素を作ってみた!!使ってみた!!
―産総研 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)での水素研究の紹介―
【産業技術総合研究所 古谷博秀先生 30分】

(休憩10分)

14:50~15:30
世界初!?水素を使ったオリンピック聖火リレートーチの秘密
【トヨタ自動車株式会社 山岸典生様】
福島県での聖火リレーについて
【福島県オリンピック・パラリンピック推進室ご担当】

15:30~15:40
カーボンニュートラルな社会を目指していくために
【産総研:古谷先生、福島県次世代産業課ご担当】

15:40~16:00
ゲストの皆様への質問コーナー

募集・お申込み

【募集対象】
全国の小学生・中学生・高校生・大学生の方

※内容は小学校高学年~中学生向けになっておりますが、どなたでもご参加いただけます。
大人の方のご参加も大歓迎です。

【募 集 数】
100名(先着順)

【参 加 費】
無料

【必要環境】

  • パソコン、タブレット端末、スマートフォンのいずれか
  • カメラ・マイク
  • インターネット通信環境
    ※通信費は参加者のご負担となります。予めご了承ください。

【主催】
公益財団法人東京都環境公社・福島県

【協力】
国立研究開発法人産業技術総合研究所

ご質問受付中!
ゲストとしてお話しただく皆様への質問を事前に受付けます。
お申込みの際、質問欄にご入力ください。たくさんのご質問をお待ちしております!
※3/14 12:00まで

 

スイソミルからのお知らせ

東京スイソミル公式ホームページで、「なるほどスイソ!限定クイズキャンペーン」を実施中です。
クイズに答えていただいた方から抽選で50名に素敵なプレゼントが当たります。
本セミナーのゲストからのスペシャル問題もありますので、ぜひ挑戦してみてください!

【必要環境】

  • パソコン、タブレット端末、スマートフォンのいずれか
  • カメラ・マイク
  • インターネット通信環境
    ※通信費は参加者のご負担となります。予めご了承ください。

>>> 東京スイソミル

 


【お問合せ】
公益財団法人東京都環境公社 総務部経営企画課SDGs推進室
メール:webkoho@tokyokankyo.jp
電 話:03-3644-2166

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3