全国
おすすめ情報
2022.02.21

コロナが落ち着いたら仲間と行こう!修学旅行が中止になってしまったみなさんへ  中学生・高校生・大学生向け 南十勝観光推進協議会「あふたー修学旅行ツアー」/インフォメーション/おすすめ情報

目次 [非表示]

新型コロナウイルス感染症の影響で、私たちの生活にさまざまな制限ができてしまいました。

学校では、修学旅行が中止になってしまったところもあるかと思います。実施されたとしても、内容の縮小や、変更となったところもあるかもしれません。

そんなみなさんに、南十勝観光推進協議会は「あふたー修学旅行ツアー」を提案します!

新型コロナウイルス感染症の様子が落ち着いたら、ぜひ南十勝に来てみませんか?

北海道・十勝の南部に位置する南十勝。豊かな自然にめぐまれ、どこまでも広がる緑にあふれた美しい景観は、訪れる人の心も豊かにします。また、食の宝庫でもある南十勝は、酪農を中心とした農業をはじめ漁業も盛んで、1年を通して海と大地のめぐみを味わうことができます。そんな南十勝に位置する、6つの市町村を紹介します。

 

帯広市「いまが旬、というよりいつも旬のまち」

大自然を満喫するアウトドア、素材からおいしいスイーツやグルメ、1日の終わりまで楽しめる夜の観光と、季節や時間を問わず楽しめる魅力たっぷりのまちです。いつ、だれと来ても旬に出会える、好きなものを思うままに楽しんで、あなたの感じる旬をみつけませんか?

中札内村「花と緑とアートのまち」

帯広市からおよそ28km、とかち帯広空港から車で10分くらいの位置にあり、日高山脈のすそのに広がる農村地帯。村の西部は日高山脈襟裳国定公園になっています。村内には美術館や野草園が点在しており、住民にも愛される芸術や季節の花でいろどられるまちです。

更別村「どんぐりとトラクターとすもものまち」

とかち帯広空港から車で10分ほど。農家1戸当たり東京ドーム約10個分(44.6ha)の農地と4台以上のトラクター所有は日本トップクラス!また、「すももの里」には約700本のすももの木があり、特産品も開発しています。更別村の木・かしわになるどんぐりをモチーフにしたキャラクター「どんちゃん」にも会いに来てくださいね。

幕別町「パークゴルフとナウマン象のまち」

幕別町は「パークゴルフ」発祥の地、「ナウマン象」の化石骨が発掘された地として知られており、市街地を一歩出ると、広大な農地と牛が草を食べる風景、美しい景色を楽しむことができます。おいしい食べ物、おいしい水、おいしい空気の幕別町へぜひ足をお運びください。

大樹町「大樹から大気圏を目指す宇宙のまち」

日高山脈から大樹町内だけを流れ太平洋にそそぐ日本一の清流「歴舟川」。海岸には原生花園が広がり、美しい自然にめぐまれています。また、町の花は「コスモス」。英語では「宇宙」。大樹町は近未来の宇宙航空基地としても注目されている大樹町は「人や夢がより大きく育つまち」でもあります。

広尾町「農林水産業とつながる食のまち」

十勝管内の最南端に位置する広尾町は、北海道の大自然のめぐみを受ける、農林水産業を基幹産業とするまちです。広尾の前浜で獲れた魚介類、十勝平野で育った乳牛・農産物を使った特産品や飲食店のメニューは多くの町民・観光客に好評をいただいています。

「あの時できなかった」が「今なら、仲間といっしょに南十勝でできる!」

そんな「あふたー修学旅行」を南十勝でお過ごしください!

詳しい情報はこちらをクリック!>>南十勝観光推進サイト

 

 

【お問合せ】

メール  konno@south-tokachi.jp

電 話  090-2057-2600

担 当  今野

南十勝観光推進協議会とは?

コネクティングリーダーシップをとり、北海道・南十勝の帯広をはじめ、中札内村、更別村、幕別忠類地区、大樹町、広尾町において“マイクロツーリズム”を推進し交流人口の増加に貢献します。また、札幌から情報を発信し地元の方々と共に持続可能な活動を行うことを目的としています。

この記事を書いた人WRITER
エコチル編集部

エコチルは、地球環境保全に取り組む子ども達を育むとともに、学校や家庭でのエコライフ推進を目的としたメディアです。

この記事の関連ワードKEYWORD
おすすめの関連記事RECOMMEND
人気の記事RECOMMEND
1
2
3